〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-12-12 アーク栄白川パークビル5階
名古屋市営地下鉄・伏見駅5番出口より徒歩6分/栄駅16番出口より徒歩10分)

受付時間

8:30~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0800-100-6753

「介護リーダーや役職者をいかにして育成すべきか?②」
(21.05.05)

1.選んだリーダーに、一体何を任せるべきか?

アクア社労士法人の後藤です。

 

こんにちは。「施設長の参謀サービス」を展開する、アクア社労士法人の後藤です。


早速ですが、あなたは、リーダー/主任・役職者の育成に苦手意識は持っていませんか?

 

・リーダーや主任の育成に失敗している

・部下との信頼関係を築けていない。

 

そんな施設長のために、

「どうすれば部下と信頼関係を築き、自分を支えてくれる部下を育てることができるのか?」

を、ステップ・バイ・ステップでお伝えしています。

 

お話している内容は、エーデル土山の廣岡施設長直伝のノウハウです。エーデル土山の試行錯誤の末にたどりついた「リーダー育成プログラム」。

その内容を解説しながら、どうすれば「リーダーや主任が育つ仕組み」をあなたの施設にも作れるか?をお伝えしています。

 

今日はその2回目。

 

前回のブログでは、「候補者の選定の仕方」をお伝えしましたね。

見極めるべき8つの能力。

そして、何よりも必要なたった一つの要素を。

まだ読んでいない方はこちらから読んでください。

https://jinji.kokorolink2.jp/blog/210428

 

では、次のステップです。

 

「もうすでに自分の部下がいるが、思うように育っていない」という施設長にも非常に参考になると思います。

 
 

2.部下に任せたい【役割】を明確にせよ。

画像はイメージです。

 

2ステップ目は、

 

「自分の部下にしてほしい仕事」やまかせたい役割を明確にする

ということです。

 

そもそも、ここが明確になっていないと、部下に対しても明確に伝えることができず、

 

結果として、

 

『ただ単にリーダーや役職者に”任命”しただけ』になっていたり、していないでしょうか。

 

選ばれた部下自身も、「なぜ」自分が選ばれたのかが分かっておらず、リーダーや主任として「自分は何をすれば良いのか?」も良く分かっていないために、どう動けばいいのか分かっていないのではないでしょうか。

 

それでは信頼関係などが築けるはずがありませんよね。


 

さて、ではどうすれば、部下に任せるべき役割を明確にできるのでしょうか?

 

廣岡施設長は、

 

一番考えやすいのは、「管理職である自分自身と自施設の「強み・弱み」を分析する視点で考えることだと言います。

 

特に自施設や自分自身の弱みや今後の運営の方向性を明確に理解するということが大事で、「何となく分かっている」では足りず、じっくりと分析することが必要だと。


 

…なるほど。しかし、どうやって分析すればいいのでしょうか?

 

 
 

3.「自己分析シートを使って自己の弱みを把握せよ」

「自己分析シート」

 

育成プログラムに付属する「自己分析シート(写真)」を使い、下記の項目について分析すれば、自己の課題や施設・法人の弱みや問題点を明確に把握することができます。


 

1.「人」に関すること

 A:施設長自身が抱える問題
  例
自分のところに情報が上がってこないため適切な意思決定ができない

 B:施設・法人の抱える課題
  例
チームとしてまとまっていないため、スタッフの不平不満がたまっている


2.「物・設備に関すること」

 A:施設長自身が抱える問題
  例
設備全般のトラブル対応に自分一人で対応している

 B:施設・法人の課題
  例
備品の故障が多い。


3.「経営に関すること」

 A:施設長自身が抱える問題
  例
上司との関係にストレスを感じている

 B:施設・法人の課題
  例
法人理念が末端まで浸透していない


このようにして、あなた自身や施設・法人の現在の位置を明確にすることが大事なのです。


そして、こうして明確になった課題をさらに分解します。

 

つまり、

①あなた自身が努力して解決すべきこと と、

②部下に任せたいこと、支えてもらいたいこと

に明確に分けて把握してください。


これでだいぶ考えが明確になってきたと思います。

 

4.部下育成のアクションプランを立案せよ

「リーダー育成目的シート」

 

次は、上記の②「部下に任せたいことや支えてもらいたいこと」

を、部下の人材育成にどうやってつなげていくかを考える番です。

②に挙げた課題の解決策をリストアップし、その解決策の実行を部下に任せるという行動計画を立案するのです。

このステップは、写真の「リーダー育成目的シート」を使いますが、具体例を挙げてみましょう。


例えば、問題職員がいてなんとかトラブルを回避したいとします。

その問題職員への指導を部下に任せようと考えた場合、

部下にどんな能力を持ってもらえばいいでしょうか?

 

・問題発生を未然に防ぐためのマネジメント力が必要だ。
 ⇒そのためには、どんな問題が想定されるかの研修が必要だ。                                                           

・問題が発生した際の適切な指導力も必要だ。
 
⇒そのためには、就業規則や服務規律を理解することが急務だ。


ここまで解決策をブレイクダウンできれば、あとは詳細な行動計画(アクションプラン)を策定することができるでしょう。

 

 

まとめ

画像はイメージです。

 

いかがでしょうか。

ここまでで、

リーダー候補者を慎重に選定し、

自分自身や自施設の問題点を分析し、

部下であるリーダーや役職者に任せたい課題のを明確に把握し、

その課題の解決策と大まかな行動計画を策定しました。

 

次はいよいよ部下(候補者)に対してしっかりと、

『あなたをリーダー/主任・役職者に育てていくよ』

ということを説明する段階に入ります。

 

実は、この説明にも押さえるべきポイントがあります。

実際に部下の育成に入る前に、このポイントを押さえて説明するのとしていないのとでは、今後の部下の成長度合いに大きな影響を及ぼします。

 

次回をお楽しみに。

 

 

「介護リーダー育成・養成プログラム(非売品)」のご紹介

「介護リーダー育成・養成プログラム」(ダウンロードでの提供です)

 

「介護リーダー育成・養成プログラム」の内容を具体的にご紹介します。

 

「リーダー育成法」に関するテキストとワークシートのセットで、下記のようになっています。

 

 

 

1.介護現場の『人材育成術』テキストA4(32ページ)

2.ワークシート15種

 ①リーダー適性チェックリスト

 ②「自己分析シート」

 ③「リーダー育成目的シート」

 ④「リーダー/役職者を育成する前の個別説明シート」

 ⑤『共通目標シート』

 ⑥『共通目標 評価シート』

 ⑦『リーダー養成計画立案シート』

 ⑧『危機意識向上問題』

 ⑨『問題分析/解決ノート(分析編)』

 ⑩『問題分析/解決ノート(解決編)』

 ⑪『説明評価表』

 ⑫『チームワーク実践トレーニングシート』

 ⑬『チーム目標シート』

 ⑭『チームワーク達成度アンケート』

 ⑮『アンケート集計表』

 

介護リーダー育成・養成プログラム(非売品)」の入手方法 

セミナー音源「介護施設の人材確保・具体的実践方法」

 

文中にご紹介した「介護リーダー育成・養成プログラム」は残念ながら非売品です。

 

弊社が取り扱っていますセミナー音源「介護施設の人材確保・具体的実践方法」の購入特典の一つとしてエーデル土山の廣岡施設長にご提供頂いたものなのです。

 

従って、当セミナー音源をご購入頂くことで「介護リーダー育成・養成プログラム」も入手が可能です(ダウンロード販売です)。


 

※当セミナーは、2019年8月に開催した「人材定着と確保」に関するもので、

セミナーだけでもエーデル土山の廣岡施設長の実践的なノウハウ満載の内容なのですが、このセミナー音源の購入者に「特典」として様々な実際のノウハウを提供頂いたのです。


 

その中の一部が、この「介護リーダー育成・養成プログラム」というわけです。

 

従いまして、「介護リーダー育成・養成プログラム」のみ単体での販売や頒布は行っておりません。どうかご了承くださいませ。


 

※セミナーは3時間に及ぶ人材確保に関する実践的ノウハウ満載の内容で、音源の他、223ページに及ぶセミナー資料(PDF)や48ページの書き起こし(PDF)も付属。

 

さらにその上に、「介護リーダー育成・養成プログラム」「BCP策定事例」をはじめ、介護施設ですぐに使えるリアルな職員研修用マニュアルや各種資料が18点も購入特典でついてくる、という例を見ない内容です。


 

※「介護リーダー育成・養成プログラム」以外の購入特典の一部をご紹介すると、「BCP策定事例」や「新人教育用テキスト」「虐待防止テキスト」「ハラスメント防止研修テキスト」「コンプライアンス研修テキスト」などなど…、エーデル土山さんのノウハウが盛り込まれ、かつ貴施設に合わせてカスタマイズできる、極めて価値の高いものばかり18点です(Aセットの場合)。

 

ここだけの話ですが、例えばこの「介護リーダー育成・養成プログラム」などは、これだけでも数万~数十万の価値があると言っても過言ではありません。

 

まだ当音源をご購入頂いていない法人様は、この機会にぜひご購入されることをお勧めします。

 

↓ 音源(特典付き)の詳細はこちらから

お気軽にお問合せ・ご相談ください
アクア社会保険労務士法人(アクア・ブレイン)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0800-100-6753
受付時間
平日8:30~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

特典つきセミナー音源

大好評の「BCP策定事例」をはじめとする特典が満載の「人材確保セミナー音源セット」です。講師はエーデル土山の廣岡施設長。ここでしか手に入りません。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0800-100-6753

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/08/17
ホームページを公開しました