〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-12-12 アーク栄白川パークビル5階
名古屋市営地下鉄・伏見駅5番出口より徒歩6分/栄駅16番出口より徒歩10分)

受付時間

8:30~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0800-100-6753

「介護施設のBCP」(21.04.07)

1.介護施設こそ、BCPの策定・整備が急務。

画像はイメージです(写真AC)。

 

こんにちは。「施設長の参謀サービス」を展開する、アクア社労士法人の後藤です。

 

今回は、介護施設のBCPについて考えてみたいと思います。

今般の介護報酬改定の重点項目の一つに、

「感染症や災害への対応力の強化」

が挙げられています。

介護福祉施設の持つ、
「人の命を預かる施設」
「セーフティネット」
としての機能・使命を考えますと、

BCP(事業継続計画)策定の必要性・重要性は極めて高いと言えます。

 

大地震や水害などの大規模な自然災害等の緊急事態に対し、「組織」として迅速かつ適切に対応するためには、BCPをあらかじめ策定し、職員全員に周知・共有し、不断の訓練を繰り返し行い、発見した不備は即改善を繰り返して周到な準備をしておかなければなりません。

そうしなければ、有事の際に適切な対応を取ることなどとても不可能でしょう。

 

また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言下であっても継続的なサービス提供が求められるという介護施設にとって、感染拡大を抑え込みつつ限られた職員で必要な業務を継続しなければならないわけですから、あらゆる状況を想定した計画の策定が絶対に必要不可欠です。 

 

ただ、このBCP…、「分かったようで分からない。」「なんとなくハードルが高く、なかなか策定ができていない。」そんな施設も、とても多いようです。

 

そこで、まだ策定していない、もしくは策定はしたものの今一つ使えるBCPができていない、という介護施設様のために、BCPの策定・見直しに必要な情報をまとめてみました。

ぜひ参考になさってください。


介護施設や運営法人に求められる役割は、主に次の3点です。

(1)サービスを継続すること

(2)利用者を守り安全を確保すること

(3)職員を守り安全を確保すること

 

策定がまだの施設様も、最初から完璧を目指さず、まずは上記3点を念頭に、緊急体制の検討、連絡先の確認や被災時の連絡方法の検討、備蓄の確認など重要な事項から策定し、それをもとにシミュレーション(訓練)を繰り返し、少しずつバージョンアップしていくのが良いと考えます。

 

なお、弊社では、BCPは少なくとも下記の2種類の計画が必要と考えています(共通する部分はありますが)。

1.新型コロナウイルス感染症発生時のBCP


2.大地震等の自然災害発生時のBCP


今回は、それぞれについて、情報提供させて頂きます。

 
 
 

1.新型コロナウイルス感染症発生時のBCP

画像はイメージです(写真AC)。

 

まずは新型コロナウイルス感染症の発生を前提としたBCPについてです。

自然災害用のBCPと異なる、感染拡大を防ぐことと人員の

 

 

当該BCP作成に必要な書式・ガイドラインは、下記、

厚生労働省サイト内の、「介護事業者向けの新型コロナウイルス感染症対策等まとめページ」から入手できます。
このページ下方に「介護施設・事業所における業務継続ガイドライン」という箇所に参考書式へのリンクが貼ってありますから、そちらからダウンロードしてください。

 

ダウンロードすべきは次の3点です。
 

①「業務継続ガイドライン」(PDF)

⇒BCP策定担当者の学習時、参照時、研修時等、基本的なマニュアルとして活用できます。

 

②「BCPひな形」(ワード)

⇒このひな形を埋めることにより、コロナ感染症BCPが一通り作成できるようになっています。①を参照しながら作成してください。

 

③「業務継続ガイドライン(様式ツール集)」(エクセル)

「職員の緊急連絡先一覧」「備蓄リスト」など、重要な情報を整理するための書式です。
 
②+③が貴施設のBCPとなります。

 


 ちなみに、厚生労働省の作成したBCP作成研修動画はこちらです。

BCP策定が初めての施設様は、こちらの動画を先に観ておくと良いです。

 

 

2.巨大地震等の自然災害発生時のBCP 

画像はイメージです(写真AC)。

 

私の本拠地である愛知県では、南海トラフ巨大地震が発生した場合、最大震度7が想定されています。想定マグニチュードは9.1(!)(東日本大震災が9.0)。

 

こういった巨大地震による建物の倒壊、津波や大雨等による水害、そして火事…と、考えられる災害の発生を前提としたBCPの策定も必須です。


上記コロナ関連と同じく、厚生労働省のサイト

「介護事業所等向けの新型コロナウイルス感染症対策等まとめページ」

からひな形等を入手できますので参照ください。


ダウンロードできるのは下記の2つです。

自然災害発生時の業務継続ガイドライン

自然災害BCPひながた(ワード)

 


■参考リンク

南海トラフ地震の被害想定(朝日新聞デジタル)

災害時連絡カード(家族用)

気象庁震度階級関連解説表(気象庁)

中小企業向け事業継続計画(BCP)策定マニュアル「あいちBCPモデル」

福祉避難所の確保・運営ガイドライン

南海トラフ巨大地震の被害想定について(施設等の被害)内閣府(防災担当)

 

 

 

3.介護施設のBCP:具体的な策定事例(自然災害発生時のBCP)

画像はイメージです。

 

上記のようなガイドラインやひな形を見ても、
「で、結局、何をどう書けばいいの?」という疑問が湧いてくるのではないでしょうか。
以外と分かりにくいんですよね。

 

実際、施設様からは

「介護施設に特化した、もっと具体的な、ほとんどそのまま使えるようなBCPの策定事例が欲しい!」

というご要望も少なからずあります。

もし、そんな便利な叩き台があれば、

とりあえず自施設の状況に置き換えて一通り形づくることができ、それから少しずつ手直しして完成させることができますもんね~。

 

実は…、

具体的でほとんどそのまま使えるような、BCPの策定事例、あります(自然災害発生時のBCPのみですが…)。

 

------------------------------
BCP策定の具体的事例
-------------------------------

ここにBCP策定の具体例として紹介するのは、
滋賀県の社会福祉法人「あいの土山福祉会さん」で実際に策定された「BCP(事業継続計画)」です。

内容は下記の通りです。


あいの土山福祉会さんのBCPの主な内容

・BCPの目的

・BCP発動基準

・BCP対象となる災害の特定

・データのバックアップリスト

・財務上の手当について

・サバイバルフーズの作り方

・避難場所の設定見取り図

・災害シナリオごと/事業所ごとの人員配置・行動マニュアル

・病院搬送マニュアル

・施設周囲の迂回ルート

など

 

■書式ひな形

・被災状況報告書

・スタッフ/利用者被災状況一覧表

・地域住民受付表

・ボランティア受付票

・食事必要数把握表

などなど…

※写真やイラストも使用し、とても見やすく分かりやすいBCPです。
エーデル土山さんで実際に使われているリアルなものです。

 

 

4.BCP策定事例の入手方法

画像はイメージです。


■ 当BCP策定事例の入手方法

上記「BCP策定事例」は、弊社で取り扱っているセミナー音源の「購入特典」の1つとして、エーデル土山の廣岡施設長から提供頂いたものです。

従って、当セミナー音源をご購入頂くことでBCP策定事例」も入手が可能です(ダウンロード販売です)。

※当セミナーは、2019年8月に開催した「人材定着と確保」に関するもので、
セミナーだけでもエーデル土山の廣岡施設長の実践的なノウハウ満載の内容なのですが、このセミナー音源の購入者に「特典」として様々な実際のノウハウを提供頂いたのです。

その中の一部が、この「BCP策定事例」というわけです。

従いまして、BCP策定事例のみ単体での販売や頒布は行っておりません。どうかご了承くださいませ。

※当セミナー音源と購入特典の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

※BCP策定事例が付属する「Aセット」は27,500円(税込み)です。

※セミナーは3時間に及ぶ人材確保に関する実践的ノウハウ満載の内容で、
音源の他、
223ページに及ぶセミナー資料(PDF)や48ページの書き起こし(PDF)も付属。
さらに
その上に、上記BCPを含むすぐに使えるリアルなサンプルが18点も特典でついてくる、という内容です。

BCP以外の購入特典の一部をご紹介すると、「介護リーダー育成研修用のテキスト・資料セット」や「新人教育用テキスト」「虐待防止テキスト」「ハラスメント防止研修テキスト」「コンプライアンス研修テキスト」などなど…、エーデル土山さんのノウハウが盛り込まれ、かつ貴施設に合わせてカスタマイズできる、非常に価値の高いものばかり18点です(Aセットの場合)。

まだ当音源をご購入頂いていない法人様は、この機会にぜひご購入されることをお勧めします。

音源(特典付き)ご購入・検討はこちらから

 
 

5.まとめ

画像はイメージです。

 

・報酬改定に関わらず、介護施設や運営法人こそ、BCP(事業継続計画)策定を含む業務継続のためのマネジメントが求められている。

・BCPは、「新型コロナ感染症拡大」と「自然災害等発生」とを前提に策定が必要。

・BCPの策定は、意外と分かりにくく少しハードルが高い。具体的なひな形を入手し、BCPの整備を大きく前進させることも検討の価値あり。
また
BCPだけでなく、施設をより良くマネジメントするための実証済みのノウハウも同時に入手し、一気に施設内を整備してしまうのも良い。

BCPを始め、実証済みのノウハウこちら

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください
アクア社会保険労務士法人(アクア・ブレイン)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0800-100-6753
受付時間
平日8:30~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

特典つきセミナー音源

大好評の「BCP策定事例」をはじめとする特典が満載の「人材確保セミナー音源セット」です。講師はエーデル土山の廣岡施設長。ここでしか手に入りません。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0800-100-6753

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/08/17
ホームページを公開しました