〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-12-12 アーク栄白川パークビル5階
名古屋市営地下鉄・伏見駅5番出口より徒歩6分/栄駅16番出口より徒歩10分)

受付時間

8:30~17:30
定休日:土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

0800-100-6753

「上司や上層部から大切にされていない」~介護リーダーがあなたの施設を辞めていく【本当の理由】とは?④(21.02.03)

介護リーダーは、職場の何に不満を抱いているのか?

画像はイメージです。

 
 
介護リーダーたちは、いったい、職場の何に不満を抱いているのでしょうか?


私、アクア社会保険労務士法人の後藤は、多くの介護リーダー等の皆さんのホンネを聞くことのできる立場にあり、多くの介護リーダーの不満や不安に日々接しています。

その中でも、某ユニットリーダーさん(Tさん/女性介護福祉士)が、非常に整理された形でホンネの不満を教えてくれたので、皆さんにもお伝えしようと思い、こうして書いています。

今回はそのシリーズ4回目。



Tさんの不満は、施設運営をされている皆さんにとっては耳の痛いことばかりだと思います。

が、この「ホンネ」に正面から向き合わない限り、絶対に職場が良くなることはないと思います。


ただし、下記に書くことは、あくまでTさん(介護リーダー)側の意見のみです。
施設側の意見をお聞きしたわけではありませんから、Tさんの意見や不満を100%鵜呑みにすることはできないかもしれません。


しかし、少なくとも…、

「介護リーダーを務めるような人物は、日頃こんなことを感じながら仕事をしている。」

ということを、施設運営者の皆さんにしっかり知って欲しいと思っています。


そして、Tさんの感じた不満を受け止め、理解し、あなたの施設のリーダー職にはそのように感じさせない組織づくりに注力することが重要です。

それこそが、貴施設・貴法人を、より働きやすくかつ定着力・採用力の高い施設に変えるための近道である、と私は考えています。

※ちなみに、Tさんの在籍していた施設は100床のユニット特養です。

 
 
 

前回までのおさらい

画像はイメージです。

 
さて、まずは前回までのおさらいをしておきましょう。

これまでに介護リーダーTさんからお聞きした不満にはどんなことがあったでしょうか?


1)ケアの仕方に統一感がなく、職場で決めたルールも守られていない。

2)組織の方向性が上層部から伝わってこない。ハッキリした理念もない。

3)成長実感を感じられない。

 
 
というものでしたね。
 
今回は、さらに4つ目の不満をご紹介しようと思います。

 

「上司や上層部から『大切にされていない』と感じる」」  

画像はイメージです。

 
では、引き続き、ユニットリーダーTさんのご意見(ホンネ)をご紹介していきますね。
 
 
 「上司から『大切にされていない』と感じる。」  
 
4つ目の不満は、実はこれです。
 
 
 
具体的に、上司のどんな言動でそう感じたのでしょうか?
 
 
Tさんいわく、
 
「施設長は、職員への声かけが少ないんです。」
 
「めったに居室フロアに上がってもこず、上がってきても、書類を置いていくだけなんですよ〜。」
 
「事務所には顔を出していると思うのですが、居室フロアには上がってこないんです。で、会議の時は参加して意見もされるのですが、『現場も見ないで(入居者様の声も聴かず)何がわかるのか?』と思ってしまいます 。」
 
とのことでした。
 
 
う~ん、耳が痛い…(^^;)
 
(特に男性の)皆さん、これ、耳痛くないですか?
 
でも、なんとなく、施設長や事務長の気持ちも分かるんです。
 
多分、部下に「ウザい」と思われないように、あえて距離を取っているんですよね?ね?
 
 
でも、結果として職員たちに「大切にされていない」と感じさせているとすれば…
 
そして、辞める要因の一つになっているとすれば…
 
 
これは、改善しないといけませんね。
 
少なくともTさんに関して言えば、
 
「もっと私たち職員に声をかけてほしい」

「もっと入居者さんのことも気にかけてほしい」
 
と感じているわけですから…。
 
 

3.現場の職員(特にリーダークラス)は、上層部の言動を本当に良く見ている。でも、ホンネは言わない。

画像はイメージです。

 
Tさんのようなユニットリーダー・フロアリーダークラスは、施設長や上層部の言うことや行いを、本当に良く見ています。

しかも…、
 
前任の施設長や、以前勤務していた施設の上司などの言動を基準にして、無意識のうちに皆さんを比べて「評価」しているのです。
 
 
Tさんも、こうおっしゃっていました。
 
前任の施設長は、入居者の肩をたたきながら声を掛けたり、月に1度はフロアに上がってきて職員にも話しかけてくれていたのに、今の施設長はそれをしてくれない。」
 
「だから、職員のことも利用者のことも大切にしてくれていない気がする。」と。  
 
 
「フロアに上がらなくても、利用者のことも職員のことも大切にしているよ!」
上層部の皆さんは、きっとそう言いたいのではないでしょうか。
 
はい、多分そうだと思います。
上層部の皆さんも、もちろん利用者のことも職員のことも大切に考えているはずです
 
 
でも、皆さんは大切だと考えていても、職員には皆さんの気持ちが十分に伝わっていない可能性があります。
 
 
冷たい印象を持たれてしまっていて、職員の気持ちが皆さんから離れてしまっている可能性があるのです。
 
そして、職員たちは自分のホンネを、上司である皆さんに対して表明することはまずありません。
 
 
 

4.「職員満足度サーベイ」のススメ

画像はイメージです。

 
職員たちが「ホンネ」を言ってくれて、かつ上司である皆さんがガッチリとその「ホンネ」を受けとめ、改善していければ良いのですが、なかなかホンネを冷静に伝えてくれることはありませんよね。
 
ホンネが炸裂するときは、取り返しのつかないトラブルになったときとか…ですよね。
 
職員のホンネが分かるときって、もう「時すでに遅し」ということが多いと思います。
 
 
ですから、取返しのつかない状況になる前に、リーダークラスをはじめとする職員たちのホンネ(不満や要望)を捉えておくことは、かなり重要だと私たちは考えています。
 
でも、職員は本音など簡単には言わないです。
 
言ったらどう評価されるのか、何をされるのか、分かったものではありませんから…。
 
 
ですから、アクア・ブレインでは顧問先様に対し「職員満足度サーベイ」をお勧めしているのです。
 
 

5.「職員満足度サーベイ」の大きなメリット

画像はイメージです。

 
「職員満足度サーベイ」 は、簡単に言えば、
法人内で行う
「匿名のアンケート調査」です。
 
これを行うことで、職員のホンネを多面的に捉え、それによって貴施設や貴法人が抱えている課題を明確にすることができるのです。
 
別名「エンゲージメント調査」と呼ぶこともある、この「職員満足度サーベイ」ですが、
 
弊社では、基本料金80,000円(30名まで)、30名超は1名ごとに1,000円加算という料金設定です。
 
つまり、対象となる職員が60名の法人様で110,000円を頂戴しております。
 
 
「職員満足度サーベイ」のお申込み・お問合せは、下記をお読みください。
 
職員のホンネが分かる。
ハッキリと課題が見える。
課題が明確になれば、解決策もおのずとクリアに見えてきます。
 
「健康診断」のように定期的に実施するのがベストです。
継続して実施し、数値が向上すれば明らかに組織の健康度が改善していると分かる。
もし数値が下降すれば、危機感を持ち早めに手を打てます。
 
 
アクア社会保険労務士法人の「職員満足度サーベイ」
を、ぜひこの機会にご活用ください。

 

まとめ

画像はイメージです。

 

・介護リーダーの不満4つ目は、「上司や上層部から『大切にされていない』と感じること」

・現場の職員(特にリーダークラス)は、上層部の言動を本当に良く見ている。でも、ホンネはまず教えてくれない。

・職員たちのホンネをしっかり把握し先手を打ち改善するためにも「職員満足度サーベイ」は極めて有効な手段となり得る。
 



次回に続けます。
 

お気軽にお問合せ・ご相談ください
アクア社会保険労務士法人(アクア・ブレイン)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
0800-100-6753
受付時間
平日8:30~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

特典つきセミナー音源

大好評の「BCP策定事例」をはじめとする特典が満載の「人材確保セミナー音源セット」です。講師はエーデル土山の廣岡施設長。ここでしか手に入りません。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0800-100-6753

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/08/17
ホームページを公開しました